• ホーム
  • 長期的な投資で気をつけること

長期的な投資で気をつけること

セミナーを参加する人たち

投資には色々な方法がありますが、長期的な投資をしたいと考えているのであれば、手間が少なく、そしてリスクが少ないものを選んでおく事がおすすめです。
短期であれば、損をしてもすぐにまた取り戻していく事も可能になりますが、長期の場合は基本的に預けたら、そのまま何年も預けたままにしておく事になります。
株式の場合、株主優待券や配当金が目的であれば問題はありませんが、それでも急に相場が暴落してしまう可能性もあります。
その時、損をしないようにする為には、素早く反応をする事が必要になっています。
すると、手間がかかるだけでなく、大きな損をしてしまう可能性もあります。
それに対して、お金を預け投資のプロに運用を任せる投資信託であれば、預けておけば常にプロが適切な対応をしてくれる事になります。
自ら株式を購入する場合に比べて、増える割合は少なくなりますが、リスクも少なくて済む事になります。
更に、投資信託は一般的な定期預金よりも、多く手元にお金が戻ってくる可能性が高いものです。
ですから、長期的な事を考えた場合に、おすすめな方法のひとつとなります。
ただ、覚えておかなければいけないのが、全く損をしない方法はないという事です。
全く損をしたくないと考えるのであれば、最も良い金利がつく定期預金を利用しておくと良いでしょう。
金利が低い現在、増える金額はほんの僅かです。
それでも、損をするという事がない為、少しも損をしたくないという場合には定期預金は有効な方法です。
ですが、定期預金よりはお金を増やしたいと考えるのであれば、長期的に利用をしても比較的安心な投資信託のように、なるべくローリスクローリターンな方法を考えておく事がおすすめです。

関連記事