• ホーム
  • 計画的な投資のために知るべき事とやるべき事

計画的な投資のために知るべき事とやるべき事

日経平均が29年ぶりの高値となり、全盛期のバブル相場を追い越そうとする状況となっています。
これからの相場状況がどうなるのか?それこそタイトルの通りに計画的に行わないと右往左往する投資となり相場についていけなくなりますのでお気をつけください。
さて、現在の相場は金融緩和が牽引しています。景気浮揚のためにかねてから金融緩和を行っていましたが新型コロナの蔓延によってさらなる金融緩和を実施。これにより、景気関係なく株価は上昇を続けています。いわゆる不景気の株高と呼ばれる現象です。
とはいえ、株が下がらないわけではありません。いつかは天井をつけますし、何より株価が上昇する過程でも株価は上下を繰り返します。
基本的には中央銀行が利上げを行うまでは株価は上昇すると思っておいて良いかと思います。とはいえ、一旦株価が下落してしまうと怖くなるのが投資家心理だと思います。
下がったら押し目買いを入れようと思っても、このまま下がってしまったらどうしようと考えると手が動かない。結果として、良い押し目のチャンスを逃してしまったということになりかねません。
特に年頭のコロナショックの際の下落を見て・感じてしまった投資家こそこの傾向が顕著だと思います。
そこで現在の相場がどのような状況なのか?押し目なのか?それともピークをうって下落に向かうのか?そこを判断してくれるプロの目を頼るのも一つの方法だと思います。
個人投資家にむけた投資顧問会社もありますので、参考にして見ると良いと思います。ただ、プロといってもピンきりです。だめなところもありますので、そういう投資顧問にひっかからないようにしましょう。
そこで口コミサイトを利用する手法もあります。駄目な投資顧問は駄目なので、良い口コミをがある投資顧問を利用してみるのはいかがでしょうか。

関連記事